交通事故 [事例7]

兼業主婦の休業損害について、交渉により70万円獲得

50代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫 330万円

背景

Aさんは示談金の金額が適切なものかご心配され、ご相談いただくことになりました。

対応

休業損害は実損害と言われ、実際に発生した分が損害として認定されることになるものです。
兼業主婦の場合、その立証は難しいものとならざるを得ませんが、このケースでは詳細な生活状況を主張しました。

その他にも、慰謝料や後遺障害逸失利益に等についても、弁護士基準をもとに交渉を行いました。

結果

休業損害の発生状況につき詳細な主張をした結果、70万円の休業損害を含め、賠償金340万円を獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-101-386 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-101-386
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ