債務整理 [事例14]

奨学金とFX取引で作った借金総額880万円が自己破産で免除に

30代男性
債務整理方法借金総額毎月の返済額
破産・管財事件 880万円 → 0円 15万円 → 0円

背景

Aさんは私立大学と国立大学院の学費を奨学金で賄いました。

Aさんは、大学院を卒業後に就職し、FX取引に興じるようになりましたが、追証の費用などを借金で賄っていくうちに、借金返済が困難となり、困り果てたところ当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんの借金は、奨学金以外のほとんどでFX取引が原因でした。

Aさんは、無駄遣いで作ってしまった借金であったため、自己破産をしても免除にはならないと考え、当初任意整理や個人再生を希望していましたが、Aさんの収入では借金を分割で支払っていくことは大変難しい状況でした。

そこで、私から無駄遣いで作ってしまった借金でも自己破産手続きによって免除になる可能性があることを説明し、管財事件で受任しました。

結果

裁判所が選任した破産管財人に、AさんがFX取引を止めたこと、FX取引で借金をしたことについて大変反省していることを説明しました。
また、自己破産手続きによって借金の免除決定が得られれば、Aさんは人生をやり直すことができることをしっかりと説明した結果、無事にAさんの借金は全額免除となりました。

Aさんのように、FX取引などの投資行為や、パチンコや競馬などのギャンブルが原因で作ってしまった借金は、自己破産をしても免除にはならないと思っている人が多くいるようです。

最終的な判断は裁判所によりますが、自己破産では裁量免責と言って、無駄遣いなどで作ってしまった借金でも、裁判所の裁量により免除を受けられることが殆どです。
これは、自己破産手続きの最大の目的が、自己破産する人がもう一度人生をやり直すことだからと言えます。

泉総合法律事務所では、AさんのようにFX取引などの投資行為で作ってしまった借金を、自己破産手続きによって解決した事例が多数ございます。
借金問題でお悩みの方は、是非ご相談にいらしてください。相談は何度でも無料です。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-101-386 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-101-386
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ