交通事故

町田市における交通事故の発生件数から見る事故対策

町田市における交通事故の発生件数から見る事故対策

町田市は、東京都の多摩地区南部にある市です。人口は43万人を超え、東京都内の市町村では八王子市に次いで2番目に人口が多い市です。

この記事では、町田市の交通事故事情について解説いたします。

1.町田市を管轄する警察署

町田市の大半を管轄するのは、町田市旭町3丁目にある町田警察署です。町田市は面積が71.55平方キロメートルと広く、人口密度も1平方キロメートルあたり433,920人と高いにも関わらず、かつては町田警察署だけで町田市全域を管轄していました。

ところが、町田駅周辺での犯罪が多発したことなどを背景に、北西部の相原町、小山町、小山ヶ岳の管轄を八王子市南大沢にある南大沢警察署に移し、町田警察署の負担軽減が図られました。

現在では、町田警察署と南大沢警察署が町田市を管轄しています。

2.町田警察署管内の交通事故発生状況

続いて、町田市の大半を管轄する町田警察署の管内における交通事故の発生状況について解説します。

(1) 総数

  • 2009年 1,910件
  • 2010年 1,699件
  • 2011年 1,578件
  • 2012年 1,451件
  • 2013年 1,242件
  • 2014年 1,003件
  • 2015年 967件
  • 2016年 952件

2009年以降の交通事故発生件数の総数を見ると、一貫して減少しており、2015年には1,000件を下回りました。

交通事故の減少は全国的な傾向と一致しています。その背景には、警察による取り締まりの強化、自動車運転死傷行為処罰法の新設などによる危険運転の厳罰化、道路交通法の改正による自転車の交通違反の厳罰化、そして追突防止機能の普及など自動車の安全技術の向上があると考えられます。

(2) 時間帯別の発生件数

続いて、2017年と2016年の時間帯別の交通事故発生件数をみていきます。

2017年

  • 0時から2時 11件
  • 2時から4時 5件
  • 4時から6時 13件
  • 6時から8時 62件
  • 8時から10時 128件
  • 10時から12時 124件
  • 12時から14時 88件
  • 14時から16時 90件
  • 16時から18時 125件
  • 18時から20時 101件
  • 20時から22時 59件
  • 22時から24時 21件

2016年

  • 0時から2時 18件
  • 2時から4時 6件
  • 4時から6時 18件
  • 6時から8時 76件
  • 8時から10時 117件
  • 10時から12時 93件
  • 12時から14時 107件
  • 14時から16時 99件
  • 16時から18時 122件
  • 18時から20時 107件
  • 20時から22時 46件
  • 22時から24時 30件

交通事故が発生しやすいのは、8時から10時、そして16時から18時であることがわかります。いずれも通退勤による車の交通量と歩行者の数が多い時間帯です。

警察庁が「薄暮時間帯」と呼ぶ日没前後1時間は、自動車対歩行者の事故の割合が増える時間帯です。全国の統計から昼間、薄暮時間帯、夜間の3つの時間帯別にどのような死亡事故が起きているかをみると、昼間は「自動車対歩行者」「自動車対自動車」が各21%を占めていますが、薄暮時間帯は「自動車対歩行者」の割合が50%を超えています。

この時間帯は昼から夜に移り変わる時間帯であるため、ドライバーも歩行者も暗さの変化にすぐに目を慣らすことができず、お互いの発見が遅れます。

歩行者は、明るい色の服を着たり反射材やライトを活用したりすることによって、車に気づかれやすい工夫をすることが大切です。

ドライバーは、薄暮時間帯には歩行者に特に注意し、速度を抑えて運転するようにしましょう。また、ライトのハイビームをうまく活用することによって、歩行者や自転車を遠くから見つけやすくなります。

(3) 曜日別の発生件数

続いて、曜日別の交通事故発生状況を見ていきます。

2017年

  • 月曜 118件
  • 火曜 126件
  • 水曜 121件
  • 木曜 112件
  • 金曜 137件
  • 土曜 121件
  • 日曜 92件

2016年

  • 月曜 108件
  • 火曜 128件
  • 水曜 112件
  • 木曜 128件
  • 金曜 138件
  • 土曜 128件
  • 日曜 97件

「週末は交通事故が発生しやすい」というイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれません。確かに、内閣府が公表した「平成26年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況」によると、曜日別で割合が一番高いのは土曜日で11.7%、ついで金曜日が11.4%、日曜日が11.1%となっています。

しかし、町田市では日曜日の交通事故は少なく、金曜日に事故が多発する傾向があることが分かります。人通りが多くなる金曜日の夜には特に注意をしましょう。

(4) 年代別の発生件数

続いて、年代別の交通事故発生件数をみていきます。

2017年

  • 幼稚園 13件
  • 小学生 26件
  • 中学生 16件
  • 未成年 56件
  • 20歳代 147件
  • 30歳代 148件
  • 40歳代 215件
  • 50歳代 138件
  • 60歳から64歳 52件
  • 65歳以上 148件

2016年

  • 幼稚園 15件
  • 小学生 41件
  • 中学生 16件
  • 未成年 53件
  • 20歳代 149件
  • 30歳代 164件
  • 40歳代 213件
  • 50歳代 213件
  • 60歳から64歳 56件
  • 65歳以上 150件

2016年の統計では40代、50代の事故がもっとも多く、ついで30代、65歳以上、20代となっています。2017年には50代の事故が大幅に減少しましたが、20代から40代と65歳以上は依然として高いままです。

65歳以上の交通事故が一貫して多いことにも注意が必要です。高齢者は歩行中に急な飛び出しなど予想外の動きをしたり、自転車を運転中にバランスを崩して転倒したりすることが多いので、車を運転中には十分に注意するようにしましょう。

(5) 状態別の発生件数

次に、状態別の交通事故の件数をみていきます。

2017年

  • 四輪乗車中 466件
  • 二輪乗車中 148件
  • 自転車乗用中 186件
  • 歩行中 159件
  • その他 0件

2016年

  • 四輪乗車中 528件
  • 二輪乗車中 141件
  • 自転車乗用中 175件
  • 歩行中 136件
  • その他 0件

2017年、2016年ともに、もっとも多いのは四輪乗車中の事故でした。2017年と2016年を比較すると、四輪乗車中、二輪乗車中、自転車乗車中の事故はいずれも減少していますが、歩行中の事故は23件増加しています。

全国的な統計をみると、歩行中の事故の死者数では歩行者の占める割合が高く、年齢層が高いほど人口当たりの歩行中死者数が多い傾向にあります。

町田市では、総人口がゆるやかに減少している一方で、高齢者人口は大幅な増加が予想されており、2025年には65歳以上の高齢者が2010年の約1.3倍になると推計されています。今後、高齢者の交通事故にはさらに注意するようにしましょう。

3.交通事故にあったらどうする?

では、万が一交通事故にあってしまったらどうすればよいのでしょうか。

(1) 道路交通法の定め

道路交通法によると、交通事故が発生したときには次の措置をとらなければいけません。

  1. 事故の続発を防ぐため、他の交通の妨げにならないような安全な場所に車を止め、エンジンを切る。
  2. 負傷者がいる場合は、医師、救急車などが到着するまでの間、ガーゼや清潔なハンカチなどで止血するなど、可能な応急救護処置を行う。
  3. 事故が発生した場所、負傷者数や負傷の程度、物の損壊の程度、事故にあった車の積載物などを警察官に報告し、指示を受ける。

交通事故で強い衝撃を受けると、事故直後には何ともないように思えても、時間が経つと痛みが出たり、後遺症が残ったりする場合があります。

外傷がなくても、頭部などに強い衝撃を受けたときは、医師の診断を受けましょう。

(2) 適正な慰謝料を受け取るためには弁護士に依頼する

交通事故の被害にあって怪我をしたときは、相手方の保険会社から慰謝料を受け取ることができます。

事故による治療を続けてしばらく経つと、相手方の保険会社から治療の打ち切りの通告を受け、示談に応じるように求められます。この際、「交通事故のプロである保険会社が提示してきた金額なのだから、問題ないのだろう」と考えて、保険会社からの提案通りに示談に応じてしまう方が少なくありません。

ところが、保険会社は営利企業ですので、被害者に支払う慰謝料の額をできるだけ低く抑えたいと考えています。保険会社から提示される慰謝料の金額は適正な慰謝料とは程遠い金額であることがほとんどです。

適正な金額の慰謝料を受け取るためには、弁護士に依頼することが不可欠です。

弁護士に依頼することによって、過去の裁判例の蓄積によって形成された「裁判基準」を前提として保険会社と交渉することになるからです。

(3) 弁護士費用について

「弁護士に依頼すると多額の弁護士費用がかかるのではないか」と心配される方がいらっしゃるかもしれませんが、交通事故の場合、慰謝料の増額分で弁護士費用を賄える場合がほとんどです。

特に相手方の過失割合が大きく、事故によって怪我をした場合、あるいは後遺症が残ったような場合には、弁護士に依頼して費用倒れになることはほとんど考えられません。

さらに、弁護士費用特約を利用できる場合には、自己負担ゼロで弁護士に依頼することができます。弁護士費用特約とは、任意保険に付随して加入する特約で、交通事故の被害者が加害者側に対して損害賠償請求を行うときなどに生じる弁護士費用を保険会社が負担するというものです。

「交通事故で弁護士なんて大袈裟なのではないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、交通事故によって痛みを受けたり不便を強いられたりしたときに慰謝料を請求することは、法律上認められた正当な権利の行使です。まずは気軽に弁護士に相談されることをお勧めいたします。

4.警察署の連絡先

交通事故事件を担当する警察署は、事故の発生現場の住所を管轄する警察署です。交通事故による慰謝料を請求するときには、警察署に交通事故証明書を発行してもらう必要があることもあります。

そこで、最後に町田市を管轄する警察署の連絡先をご案内します。

町田警察署
〒194-0023 東京都町田市旭町3丁目1番3号
042-722-0110
管轄区
町田市(相原町、小山町、小山ヶ丘1丁目から6丁目を除く)

南大沢警察署
〒192-0364 東京都八王子市南大沢1丁目8番地3
042-653-0110
管轄区
管轄区町田市の内、相原町、小山町、小山ヶ丘1丁目から6丁目

無料相談受付中! Tel: 0120-101-386 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-101-386
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ