交通事故

保険会社の対応・態度に不満を抱く交通事故被害者ができること

保険会社の対応・態度に不満を抱く交通事故被害者ができること

交通事故の被害に遭うと、被害者は、事件が最終的に解決するまで、加害者が加入している任意保険会社とやりとりを続けることになります。

しかし、その任意保険会社によっては、被害者にとって非常に不誠実と感じられたり、納得のいかない対応をされたりする場合があるようです。

保険会社の対応・態度に不満がある時、交通事故被害者としては、弁護士に相談をすることをお勧めします。

この記事では、保険会社の対応が悪いと感じられる場面で、弁護士に相談をすることにより得られるメリットをご紹介します。

1.保険会社の悪い対応とは

被害者にとって、相手の保険会社の対応が悪いと感じられ、不満に思うのは次のような場合でしょう。

(1) 高圧的な言動

保険会社の担当者が、高圧的な言動をすることはよくあるようです。

彼らは保険金を安く抑えることも仕事の一つなので、被害者の請求を封じ込めるために、つい高圧的な態度をとってしまうのかもしれません。

(2) 被害者の無知に乗じる

保険会社側は、被害者の知識不足に乗じて保険金を節約しようとします。

被害者の請求が法的に正しくとも「そんなことは法律的に通りません」、「この金額が相場で、あなたの要求額は多すぎます」など、事実と異なる説明で被害者を丸め込んでしまうのです。

(3) 仕事が遅い、連絡がとれない

担当者がなかなか仕事を進めてくれず、進捗状況を問い合せても、連絡を返してこない、居留守を使われるなどのケースです。

これは、確かに保険会社の多忙もあるでしょうが、単にその担当者の怠慢である可能性もあると思われます。

(4) 治療の早期打ち切りを通告

通院を続けているにもかかわらず、「そろそろ治療を終わりにしてほしい」と通告してくるケースです。この目的は、多くの場合、保険金を節約するためです。

一般的に、打撲は1か月、むち打ち症は3か月、骨折は6か月で治療打ち切りを打診すると言われています。

治療を打ち切られると、その後の治療費は自分で負担をしなければなりません。

※しかし、健康保険を利用することはできますし、必要な治療ならば後から保険会社に請求できる可能性が高いので、まだ痛みがあるという場合は言われるがまま治療を止めず、領収書をしっかり保管しておくことをお勧めします。

2.弁護士に依頼して保険会社と交渉するメリット

では、これらのような対応の悪い保険会社に対して、自分自身で行えることはあるのでしょうか。
冒頭でも述べましたが、最もお勧めなのは、弁護士を代理人として保険会社と交渉してもらうことです。

弁護士を依頼することには、次のようなメリットがあります。

(1) 交渉のストレスから開放され治療に専念できる

事故によって精神的、肉体的に傷を負っている本人が交渉を行うことは、非常に負担の大きいことです。

しかし、当初から弁護士に交渉を依頼してしまえば、被害者は交渉の精神的、肉体的ストレスから完全に解放され、最も大切な治療に専念することができます。

また、交通事故案件に精通した弁護士は、法律の専門家として、日々交通事故の処理をしている保険会社の担当者と対等に渡り合うことが可能です。
事故態様に争いがあり、過失相殺の割合で紛糾する場合などでも問題なく対応できます。

法的にできること・できないことをしっかりと見極めた上で、被害者の方が不利益を被らないように示談交渉を進めてまいります。

(2) 損害賠償額の増額が期待できる

弁護士は「弁護士基準」という基準を用いて慰謝料の計算をするため、弁護士に交渉を頼むだけで賠償額の増額が期待できます。

交通事故の慰謝料を正当な金額で受け取るためのポイントとは?

[参考記事]

交通事故の慰謝料はいくら受け取れる?|むち打ち・打撲・骨折

「低額なのでは?」と思っていた示談金も、弁護士に依頼をするだけで、保険会社から提示された金額から大きく増額をできる可能性があるのです。

また、交渉で決着がつかなければ、訴訟を提起して、早期に問題解決をはかることも可能です。

【弁護士費用特約でコストの負担がなく弁護士に依頼できる】
多くの方が弁護士への依頼をためらうのは、弁護士費用の負担を考えてしまうからでしょう。
しかし、ご自分が加入している自動車保険に「弁護士費用特約」がついている場合は、弁護士相談料は約10万円まで、着手金や報酬金等の費用は約300万円まで、あなたが契約している保険会社が負担してくれます(金額はあくまで相場で、保険会社により異なります)。
弁護士費用特約を使って弁護士に依頼をする場合には、契約している保険会社の承認が必要です。

3.示談交渉は弁護士にお任せください

相手の保険会社の対応が悪い場合、直接苦情・クレームを言いたくなるお気持ちは分かりますが、一番のおすすめは、やはり交通事故を得意としている弁護士に相談をしながら対処するということです。

直接苦情・クレームを言うと保険会社との間で良からぬトラブルへ発生する可能性もあります。よって、弁護士に相談、依頼する、保険会社に言いたいことがあれば弁護士を通じて言ってもらう、というのが一番の策です。

町田市、相模原市、横浜線・小田急線沿線にお住まい、お勤めの方で、交通事故でお困りの方、示談交渉が難航している方、保険会社の態度に不満がある方は、是非一度、泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

交通事故に強い弁護士に依頼すると被害者にはどんなメリットがあるか

[参考記事]

交通事故に強い弁護士に依頼すると被害者にはどんなメリットがあるか

なお、「保険会社の対応が悪い」ではなく、「加害者の態度・対応が悪い」「誠意を感じられない」という方は、以下のコラムをご覧ください。

誠意がない、謝罪がない、連絡がとれない!交通事故トラブルの対処法

[参考記事]

交通事故の加害者が誠意なし、謝罪なし|加害者を許せない場合の対処法

無料相談受付中! Tel: 0120-101-386 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-101-386
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ